イコロの森

ガーデン日記

2017.8.5ガーデン , 日記

バタフライガーデン


夏になると花のある所にはよくチョウを見かけます。

シジミチョウ系が出て来たなと思ったらヒョウモン、アゲハ、モンシロチョウがヒラヒラと空中を舞い始めます。

 

イコロでも良く見ますよ。
最近はもっぱらカラスアゲハ、クジャクチョウとモンシロ。

イモムシが苦手とか、虫が嫌いな人は多いかもしれないけれど、生物多様性という観点からは昆虫が庭にいるのは重要。
やっかいな奴らもいるけれど、チョウは植物の生存にも役立っているのでどちらかと言えば良い奴。

欧米ではよく、植物の説明の中に”attract bees and butterflies” (ハチ、チョウを惹きつける)とか、”butterfly nectar/butterfly host plants” (チョウが吸蜜に好む蜜源植物/幼虫が好む植物)という一文があります。

昆虫と植物の関係を理解した上で、意図的に花壇に虫を呼ぼうという考えがあるからでしょうね。

 

観察しているとチョウによっても性格が現れます。


クジャクチョウはじっくり一つの花で吸蜜。


カラスアゲハは次々と株を代え、花を代え吸蜜。

意図せずして温室付近にもバタフライガーデンができてました。

thyme meadow

タイムの間からヒメジョオンがひゅっと出ていて、良いアクセントになってます。
フキの黄緑とタイムの紫の組み合わせもきれいでした。
偶然の産物、意外に良いです。

みた目だけじゃなく、何を庭で観察したいかによって植物を選ぶのも一つの方法ですね。

 

あ、明日は2回目の「にわのあさ市」です。

ガーデンツアーに参加しながら、どの植物にどんな生物が引き寄せられているかちょっと観察してみてください。

にわのあさ市詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA