イコロの森

ガーデン日記

2017.10.8ガーデン , 日記

To head or not to head


That is the question.
It is a question most gardeners face this time of year.
I hear the Red Queen from Alice in Wonderland shrieking “OFF WITH THEIR HEADS!” inside my head.

Patrinia scabiosifolia オミナエシ
Patrinia scabiosifolia オミナエシ

Of course there are the inevitable ones like annuals and roses, and those you’d want to prevent from overspreading, but not all plants need to be “offed with their heads”.

Seedheads can provide food for birds (e.g. rudbeckias, teasels)  and refuge for insects (phlomis, bug hotels), but they are something of a beauty – a late-seasonal interest – if anything.
What’s considered as an “attractive” seedhead, though, relies heavily on subjectivity, so what you might find beguiling might look like a ball of nothingness to the next person.

Echinacea purpurea, Echinops ritro、Eupatorium maculatum 'Atropurpureum' post-flower エキナケア、エキノプス、エウパトリウム
Echinacea purpurea, Echinops ritro、Eupatorium maculatum ‘Atropurpureum’ post-flower
エキナケア、エキノプス、エウパトリウム

In places like Hokkaido, where the winters are quick to arrive and cover the grounds with white blankets of snow, the combination of lingering ornamental grasses and seedheads can extend garden interest, filling that gap between the “kouyo” (autumn colour) season and snow.

Monarda seedheads with Plectranthus effusus in the back モナルダシードヘッド
Monarda seedheads with Plectranthus effusus in the back
モナルダシードヘッド

At ikor-no-mori, we try and keep as many seedheads (AND ornamental grasses) as we can in the garden.

Astrantia and Astilbe, Hosta with glowing gold leaves in autumn アストランティア、アスティルベ、紅葉するホスタ
Astrantia, Astilbe, and Hosta with glowing gold leaves
アストランティア、アスティルベ、紅葉するホスタ

Anything that turns into brown soggy mush is removed, but there are quite a few plants that have appealing structures.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Hylotelephium seedheads ヒロテレフィウム(セダム)シードヘッド
Rodgersia pinnata  ロドゲルシア
Rodgersia pinnata ロドゲルシア

Even if we know that the perennials would have to be cut back eventually, the monochromatic silhouettes illuminated by the soft autumnal sun, especially on days we have hoar frosts and dew-laden mornings, are quite rewarding.

Personally I think it’s never too late to judge after seeing how the plants perform post-flowering.
If you find them too dull and colourless to your liking, simply cut them back.
You never know, they might just surprise you.

Gillenia trifoliata ギレニア  シードヘッドは細かいが葉のグラデーションが美しい
Gillenia trifoliata ギレニア
シードヘッドは細かいが葉のグラデーションが美しい

 

 

 

試しに英語でもブログを書いてみようと。
英語イコカルの延長線というか、なんというか。
いつもではないですが、少し続けてみようと思ってます。
気長に見守ってください。m_ _ m

切るべきか残すべきか。
それが問題だ。
この時期になると頭を悩ます課題です。

頭の中では赤の女王に扮するヘレナ・ボナム カーターが「OFF WITH THEIR HEADS! (首をはねよ!)」と叫ぶのが聞こえてきます。

もちろんバラとか、こぼれ種で増えて欲しくないものは花がらを摘みますが、必ずしもすべての植物(宿根草)の花を切ることはないです。
花後に結実して立ち枯れた姿をシードヘッドと呼びますが、このシードヘッドは鳥にとっての栄養供給源としての役割もあれば、昆虫の避難場所としても役立ちます。
でも何よりも、シーでヘッドの姿は魅力的でもあり、シーズン後半のガーデンの主役とも言えます。

ただ、シードヘッドを「魅力的」と感じるかどうかは完全に主観なので、ため息ものと思うかどうかは本当に人それぞれです。

紅葉シーズンまっただ中にも関わらず早くも冬の気配がし始めている北海道では、少しでもガーデンを楽しむ期間を延ばすためにも、枯れ姿をきれいに保つグラスとシードヘッドの活用が有効なわけです。

Hosta seed pods splitting and showing ripened black seeds ホスタ
Hosta seed pods splitting and showing ripened black seeds

 

イコロの森ではできるだけシードヘッド(グラスも)を残すようにしています。
ネチャネチャに溶けてしまうものは仕方ないとして、凛と立ち姿のきれいなものは案外あります。
閉園後、冬が来る前にすべて刈り取ってしまうのを分かっていても、朝露や霜が降りた時の輝く姿を見た時には、ほわーと溜め息が出てしまいます。
だからなかなかやめられません。

一度は枯れ姿、シードヘッドまで見てから「切るべきか、残すべきか」を判断するのでも遅くないと思います。
あー、やっぱり汚いな、好みでないな、と思ったら切ればいいんです。
でも花の時には想像し得なかった意外な姿を見ることもできるので、おすすめです。

Iris seed pod filled with seeds イリス
Iris seed pod filled with seeds イリス

COMMENT(2)

  1. from
    Jo

    はじめまして。
    英語のイコカル、一寸気になっておりました。
    イギリスのガーデンを訪れた際、花の英名が日本のカタカナ名から想像するのに時間がかかってしまったり、ガーデンの洋書のガーデニング用語みたいなものに引っ掛かって、読み進められなかったり(苦笑)
    考え方の違いも感じます。
    イコロに足を運ぶには遠すぎるので、ブログを拝見し勉強したいと思います。

    返信
    1. from
      田辺

      Jo様、はじめまして。
      思いつきで始めてみたのですが、英語イコカルの延長線、園芸用語の糸口になれば良いなと思っています。
      三日坊主にならないよう、頑張ります(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA