イコロの森

ガーデン日記

2018.5.26イコカル , 日記

バイオリンのうずまき


ここ数年お気に入りの本。
IMG_0278

ロバート マックファーレーンの「ランドマークス」という本です。
確か、もともと言語学の先生でもあるこの作家さんの本は、言葉の進化や時代の流れとともに失われてきた言葉を取り上げて、情景的に表現していて、とても面白いのです。
これは、ジョン・ミューアとか1800年後半〜1900年代前半の時代に植物学者だったり、詩人が使っていた風景や自然、環境を表現するのに使われていた言葉たちがいろいろな環境(山岳地帯、砂浜、草原etc)ごとに説明されているのです。
山頂ひとつ表現するにしても”nab”ということばを使えばサセックスの山頂のことを差したり、summitと一般的に言われたりと、いろんなバリエーションが方言や地域によってあるというのが、奥深いです。

 

そのマックファーレーンさんがちょっと前からインスタグラムを始めたのです。(robgmacfarlane)
毎日、きれいな写真とともに植物系、自然系の言葉を紹介していくページでとても勉強になります。
この間、前回の英語イコカルでも紹介した”fiddlehead”という言葉が載っていたのがちょっと嬉しかったというのがこの話のくだりなのですが(笑)

IMG_0276-1
fiddleheadとはシダの葉が開こうとする時の渦巻きの形のこと。
fiddleはバイオリンの別名、バイオリンの先端部分って渦巻いてますよね?
形がそっくりなことからfiddleheadという名前がついているのです。

IMG_0268

イコロのフィドルヘッドもなかなか勢いがあって、好きです。
今日の気温でだいぶ広がって来ていると思いますが、まだまだキュッと渦巻いている状態みれますよ。

あ、ちなみに今年販売している苗の中にもシダ系のものありますよ。

ぜひご自宅でfiddleheadからうずまきが広がっていく姿をお楽しみ下さい。

(通販はこちら↓)

アティリウム フィリクス-フェミナ ‘レディ イン レッド’

アティリウム ニポニクム f. メタリクム
そんなこんなでいつもギリギリの案内ですが、おとなの園芸英語では最新のイギリスの園芸情報はもちろん、ちょっとマニアックな語彙もご紹介しています。
ひとつひとつの文章を分析していく本格的な英会話教室というより、記事全体でこういう内容だったよー、たまに面白い言葉がひとつでも覚えられたらいいな、という内容は濃いけどゆるーい講習です。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

おとなの園芸英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA