イコロの森

ガーデン日記

2018.10.9ガーデン , 日記

3カ国語放送


ここ最近パソコンとにらめっこな日々です。
机の後ろに窓があるんですが、そこから差し込む光がガーデンに誘惑するんです。でもぐっとこらえてます笑

 

例の映画を繰り返し観ている中で、主/副 同時多発な状態が普通になっていましたが、たまに3カ国語目のオランダ語が飛び込んで来て、新しくいくつか覚えちゃいました。

オランダ語、
ドイツ語と英語を足して割ったような響きのものが多いと思うんです。
ひとつめが “zeer mooi” ゼアモーイ、て感じですかね。
とても美しいという意味のようです。
ドイツ語だと”sehr schön”、ゼアシューン。
ゼア、綴りは違うけど、似てますよね。

カラミンタはまだまだ開花中。
秋の朝の光でゼアモーイ。みたいな。

 

もうひとつが”ongelooflijk” アンフェラーフリッヒ。
ドイツ語は”ungemöglich”、ウンゲミュークリッヒ。
英語だと”unbelievable” 、アンビリーバボー。
ウンゲミュークリッヒ、アンビリーバボー、アンフェラーフリッヒ。
なんとなく似てますよね。ね。

樹皮から湯気が!?
おーアンフェラーフリッヒ!みたいな使い方でしょうか。

アスクレピアスのタネのお行儀の良さはアンフェラーフリッヒ!みたいな。

こんなのをブツブツ高林さんの隣でつぶやきながらやっているので、
さぞ迷惑な人ですよね。すみません。

 

英語イコカルでもたまに語源をたどってみたり、オタクなことになってしまうんですが、基本言語が好きなんですね。きっと。

ある意味今回の映画の字幕は、イコカルの集大成みたいなものでしょうか。
集大成と言ってしまうと終わり、みたいな感じがしちゃうからなんか違う。
英語イコカルは細々と続けたいと思っていますよ。

 

ようは、秋の庭でみたい映画 no.1であること、それを強く言いたいです!
内容がよくわからなくても映像がアンフェラーフリッヒなくらいモーイなんです。

ぜひ、この秋深まるタイミングでご覧になってみてはどうでしょうか?

 

おとなのあきじかんの内容はコチラ

映画 FIVE SEASONSの予約はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA