イコロの森

ガーデン日記

2019.3.2日記

冬の整理作業


PM 2.5高濃度警報が出続けていますが、みなさんは大丈夫ですか?

kimさんは特に辛そうですが、私も昨晩から怪しい感じに。

久しぶりに目がしぱしぱしてます。どうにかなりませんかねー

 

昨年の9月の台風(からの地震)の影響でバタバタと倒れた木々。

応急処置できるものは昨年のうちにイコロでも整理していきましたが、緊急性の低かったものはこの冬の間、いぶり自然学校のみなさんのお力を借りて馬搬で森の中から搬出されていきました。

大活躍したのが元ばんえい競馬のばん馬の「ヤマさん」

がっしりした体型といい、朝からやる気満々の姿といい、とにかくかっこいい。

馬搬は、足下の悪い所や重機が入れない所にも、負荷をかけ過ぎずに作業ができるからイコロには向いている方法だと思います。

ここ最近は近隣の林でも伐採、倒木の処理が始まっていて、こちらは重機を使ってサクサクと効率的。

道路脇ということもあって、見る見るうちに丸太が積み重なって、林の中が整理されていっています。

 

重機のスピード感は馬搬では真似できないけれど、目的や環境に合わせて、適材適所。

人間も、植物も、適材適所。棲み分けすることで森の多様性が保たれるし、個体/各種がのびのびと機能する。

冬の整理作業をみながらふと思ったわけです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA