イコロの森

ガーデン日記

2020.8.29日記

ノーマンズランド


ちょっとばかしノーマンズランド風なエリア。

見切れてしまっているが、この手前の場所はなかなかの不毛地帯。手を替え品を替えいろいろ試されているところだけれども、どれもいつの間にか消えてしまっている

.

そろそろ原因(地中の何か??)を突き止めた方がいいんだろうが、本当にこの一角だけで不思議。

.

あそこがこうなればいいと妄想はいくらでもできるし、もし本当に土が原因なのであれば、土壌を改善すればよいのですが、与えられた環境下で極力導入するものを制限して、そんな不毛なところでも育つものを選択する、という考え方も良い意味で省エネかもしれないですね。何ならうまくいくのだろう、ここ。

.

与えられた環境条件を把握して、メンテナンス、植物の生息場所、そして自然さを意識しながらデザインするってとても頭を使うし、感覚的なところでもあります。そんな事に触れながら、明日はオンライン 英語イコカルでは「超」自然主義的なお庭をカナダで作られているトニー・スペンサーさんのお庭をご紹介します。ご本人も後半登場予定ですので、質問を直接投げかけられるチャンスでもあります。

.

苫小牧の森の中から粛々とこんなことを発信していますがご興味ある方はぜひ。

明日8時まで受け付けています。頭パンクしないよう頑張りますw


8/30(日)英語イコカル 10:00-12:00

料金: 1,500円

必要なもの:Zoomの繋がる環境と資料(PDF)を受け取れるメール、筆記用具など

詳細:https://bit.ly/324r0o7

お申し込み先:bit.ly/2CAHX0u

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA