イコロの森

フィトログ

2018

5.5


ガーデン
日記
コメント1

開花中の草花

ゴールデンウィークも終盤。

今日は太陽が見える瞬間もありましたが、オープン時のポカポカさはどこへやら。
イコロハウスはストーブつけちゃいました。

この時期は「スプリング・エフェメラル」と呼ばれる植物があちらこちらで顔を出します。
春先に花を咲かせ、葉を茂らせ、気温が上がってくると地上部が消えるものが多く、土の下で休眠期に突入します。別に死んでしまった訳ではなく、また翌年の春になれば真っ先に芽を出し庭の中に彩りを加えます。

エフェメラル(ephemeral)とは、はかない命とか、つかの間の、といった意味を持ちます。よく「春の妖精」とも呼ばれることもあるのですが、英語の「スプリング・エフェメラル」の方がより叙述的な表現ですね。
その名の通り、本当に1日きざみでガーデンも表情を変えています。

IMG_0062IMG_0061
イコロハウス近くの小川では気づけばリュウキンカやミズバショウもぽつぽつと咲いとります。
IMG_0069

昨年記念植樹をしたチシマザクラも淡いピンクのグラデーションが間近で見られます。(ちゃんと育ってますよー)

イコロの桜はまだこれからです。

IMG_0074

今年の新しい試み。

今日は花木多め。
昨日のJimmyさんのブログにもあったのですが、いろんな季節を味わって欲しいという想い。
春は特に「今日」しか見れない姿でいっぱいです。
それを少しでも分かりやすく伝えられたらなと思って、やり始めました。
相変わらずややこしいと良く言われる学名表記ですが、毎日ちょっとずつ内容が変わっています。それだけ毎日ガーデンの中でも変化があるからです。

ガーデン全体をみるとまだまだかもしれないけれど、その中から先駆けて花を咲かせている様子をみるとかわいらしくもあり、元気ももらいます。
そんな、地味だけれどちょっとした宝物探しゲームみたいに、ちいさな発見を体験してもらえたら、また違うガーデンの楽しみ方かなと思います。

本当は出たての芽がツボなんですけどねー。
あれはたまらない。
でもマニアックすぎるのかも。

 

あ、GW最後の日はボスの2年ぶりのローズトレーニングです!

1日じっくりのコース。

↓7月と10月にも開催されますので、ぜひご参加ください↓

工藤敏博のローズトレーニング 1oth anniversary

2018

4.8


日記
コメント0

イコロコ

オープンまで2週間を切りました。

前倒しで色々を進めていたつもりがここに来て、やること山積みに気づいちゃいました。
ソワソワしっぱなしですが、一ずつ片付けていくのみです。

pop
ひとつ片付いたのが今年のナーサリーのPOP。
500近くある宿根草それぞれの特徴を記したミニ看板のようなものですが、今までより少し見やすくなった(だといいな)かと思います。

相変わらず学名カナ表記ですが、ここは初志貫徹で譲れない部分でもあります。
訳の分からない宇宙語にみえるかもしれませんが、植物を本名で呼んでいるようなもので、世界共通の言語、覚えてしまえば誰とでも理解しあえるのです。
意外に流通名は総括していたり、キャッチーさが優先して曖昧な部分もあるので、そういった混乱を避けるためにも使っているわけです。

脱線してしまいましたが、今回新たにご紹介したかったのがこのロゴ。

logo
「イコロコ」
これこそ宇宙語、ずっとみていると文字にすら見えてこないイコロコ。
イコロ+ロコ(locō)=イコロコ
ロコはラテン語で場所を指す言葉で、「場所から場所へ」なにかが移動するようなシチュエーションで活用されます。
イコロの森のガーデンからみなさんのガーデンへ、という想いが込められています。

というのも、ナーサリーで販売している苗には輸入ものの他に、自家生産している苗、ガーデンから増えた苗、というのが実はあるんです。
こういう苗は他のものに比べて少しお買い得価格で提供できて、イコロならではのスタイルです。
今年はそれをもう少し分かりやすく、みなさんに知っていただけたら良いなと思って「イコロコ」。

ぜひこの緑のロゴを探して、イコロのガーデンからみなさんのガーデンへ、が実行できたら良いですね。
ガーデン、ナーサリーは(リニューアルレストラン&カフェも)4月21日(土)オープンです!

2018

3.19


日記
コメント0

ひと足先の春

先日、東京に用事があったついでに展示会に行ってきました。

町中のスプリングコート率が増えていても、まだダウンを着ている人がいました(驚愕)
最初は私もジャケットを着ていたのですが、あまりのポカポカ日和に結局半袖に…
場所は表参道、青山界隈で欧米率も意外に高かったので(ほぼ半袖、サングラス)幸いそこまで浮かずに済みました。

で、表通りからウラの住宅街の中を歩いてたどり着いたのがココ。
IMG_8126
イコロハウスでも取り扱っているナプロンの秋冬コレクションの会場。
1階は普段和風のスイーツやお茶が楽しめるスペースになっていて(あの「天使の涙」の水まんじゅうがある所)、2階がレンタルスペースで今回の展示会の会場となっていました。

IMG_8134定番のスプリット入りのエプロンから、新しい素材で使いやすそうなものまで、思わず手が伸びてしまう物ばかり。
シンプルだけれども、使いやすくて、かっこよくて、好みの色で。
今年も新商品を少し取れ入れてイコロハウスで販売致します。

IMG_8141帰りがけに通った家のミツマタが満開でした。
格子の引き戸と樹形がいかにも日本の春、という感じで和みました。

オープンまでも、あと少し。

 

2018

3.3


日記
コメント0

Beast from the East

道内の暴風雪、苫小牧は落ち着きました。
風よりも重たい湿雪の方がすごくて、みるからにべたべたしている雪質でした。
おとといの帰り道は肩に力が入りながら、一度は除雪されたであろう道路をどう頑張っても20kmしか出ず、普段は渋滞もできない道にプチ渋滞を起こしながらの帰宅でした。

IMG_8102
イコロの温室はあっという間に屋根の厚みを増してしまいました。
気温は低くないのですぐ溶けてくれると思いますが、久々に一定温度で保たれています。
側窓の開け閉めの際に舞い込んで来た鳥が2羽今日も中を飛び回っていました。
シジュウカラと遠目にみてイソヒヨドリっぽい鳥が。
冬な南下していたような気がしていたのですが、この界隈にもいるんですかね?
もう一度しっかり観察してみよう。

一方、イギリスでも大寒波のBeast from the East (東からの獣)に冬嵐のStorm Emmaが合体し、大暴れしているみたいです。27年ぶりだとか。
交通機関は雪対応がほとんどできていないので、ほぼストップ。
エジンバラにいる友達はスキー履いて出勤と非日常を楽しんでいるようです。
寒波にキャッチーな名前をつけたり、スキーで出勤したり、非常事態の中にもちょっぴりユーモアを感じます。

2018

2.8


ガーデン
日記
コメント0

朝の散歩

デスクワークの続く日々ですが、身体を動かすためにも今日はちょっと朝の散歩をしました。

 

今週登場したヤマサングレイト。

イコロの森での任務が完了したようで次の場所へ?と遠征していきました。

優しい目をしつつもたくましく、とても頼もしかったです。ありがとうございました。

馬搬によって森から運び出された木々がこちら。

これで少しずつ森が管理されてすっきりしていきそうです。楽しみ。

ガーデンの中はこんな。

restaurant g

真っ白の布団のまま、足跡残したくないですね。

Rubus phoenicolasiusmagnoliaconifergmisc

悩んでる
悩んでる