イコロの森

ガーデン日記

カテゴリー: English blogsの記事一覧

2018

9.13


English blogs
日記
コメント0

(semi) early mornings

半年以上ほっぽってた英語ブログ、またぽつぽつと再開しようかなと思っております。

conifer garden

One of the perks of sleeping over at the office is the short commute and (slightly) early mornings.

Just a few minutes walk and boom. You’re already in the garden.

This week, we’ve gradually been adjusting back to normalised life, and although nothing compares to the comfort of my own bed,  I think this is what I already miss the most.

しばらくイコロ宿泊をしていた間、良いな、と思ったのが通勤の短さ。

徒歩2分。朝、少しだけ早くガーデンに入ることができるのはとても気持ちが良い。

自分のベッドに勝るものはありませんが、朝ガーデンにスッと行ける感じがないのがもう既に寂しいです。(早く出社すれば良いだけの事、単なるわがままですね)

Miscanthus x giganteus

Setting aside the recent natural events that resulted in our temporary stay at ikor, the weather has been exceptionally lovely.

Sunny days that warm up your skin just enough so that you don’t end up sweating like a pig. Light breezes that keep the air fresh, cool, and dry.

倒木やら余震やらはさておき、ここ最近のイコロは天気がとても良かったのです。

晴天に心地いい気温と風で、作業をしていてもダラダラ汗をかく感じでもなく。

Roscoea purpurea

And of course the perfect soft shimmering light that feels ever so slightly autumnal.

That small window of opportunity happens before opening hours, so I thought I’d share a few pictures that hopefully capture that magical moment. (Ideally it would be in the wee hours of the morning, but this was past 7…)

ちょっと秋めいてきた柔かい光も朝だと特別キラキラして見えるのです。

これ、開園前にしか味わえない風景なので、少しだけ共有しようと思ってカメラ遊び。

Insects were already busy with their breakfast, covering themselves in pollen. Plants that continue to flower this time of year like Succisella, Hosta, Hylotelephium, are precious sources of nectar for them. Needless to say it’s always nice to have some late-season flowering in the garden for some continuity.

もうすでに朝ごはん中で大忙しでした。羽音は苦手だけれども、花粉を体中にまとって吸蜜している姿はかわいらしいなといつも思っちゃいます。晩夏の花は紅葉の時期まで楽しませてくれるし、この時期のちょっと花の少ない時期も嫌いではないです。

 

 

Umbellifers and thyme. Also good nectar sources.

セリ科植物とタイム。どちらも大事な蜜源。

  

I love how everything tones down this time of year. The contrast with the green, roses flowering in darker, more seductive colours, other plants fading to buff pinks and oranges.

この時期に徐々に色褪せて行くのが超絶好きなのです。緑とのコントラストだったり、色濃く咲くバラだったり、少しずつ軟らかいグラデーションに変化していく姿にはぁーと思わず溜め息が出てしまいます。

Lespedeza thunbergii

The weather’s expected to be sunny and “just right” for the next couple of days.

I always find that taking a breather in a green setting is really refreshing and helps take my mind off things.

Perhaps this is the perfect way to spend a day at a time like this.

予報ではこの先一週間ほどこんな良い天気が続くみたいです。
余震が続く不安もあると思いますが、気晴らしに緑の空気を吸うのも悪くないかもしれません。

2017

12.26


English blogs
日記
コメント2

Winter Stems

Garden magazines around this time of year are all about plants that are attractive during winter.
From the fiery dogwoods to the slick white barks of birches, winter stems are stunning displays in the garden and one of my absolute favourites.

During growing season, many of these shrubs and trees are masked under flowers and foliage and reveal their glowing stems in late autumn to midwinter.
The bright vitamin colours in contrast with the faded landscape is the pop of colour missing from your garden in winter.

Dogwoods, willows, and brambles like Cornus sericea, C. alba, and Salix alba varieties withstand harsh winters (USDA 2a – 8), but I would recommend that they are planted in milder regions with less snow for maximum-effect. In regions with heavy snow, they could be a good transition plant from autumn to thick snow cover, needless to say they make excellent wreaths especially this time of year!

Like in Kim-san’s blog showing them planted around a lake, dogwoods and willows thrive in wet conditions. Imagine glistening water on a crisp sunny winter, grounds sprinkled in light snow, and upright glowing stems surrounding the garden. Absolutely stunning!

This year, as mentioned in my colleagues’ blogs, we’ve imported a variety of shrubs that have attractive winter stems : most of which are featured in the November issue of Gardens Illustrated.

cornus

1. C. alba ‘Kesselringii’
Hidden beneath plain green foliage is a dark purple-black stem.
You can expect a dramatic effect in contrast with the white snow.

2. C. sanguinea ‘Anny’s Winter Orange’
The bright, almost fluorescent stems start out yellow at the base and gradually darkens to a fiery orange-red towards the tip as winter progresses.
Their autumn colours are equally attractive – from light green to gold.

3. C. sanguinea ‘Midwinter Fire’
Found in our autumn border, this Cornus, I find, to be slower growing than other dogwoods.
Perhaps they would require less hard pruning over the years…?
The lovely gradation from golden-orange to pinkish-flaming orange softens its surroundings, and is one of my favourite varieties.

salix
4. Salix alba vitellina ‘Britzensis’
Willows are fast growing which can be a nuisance at times, but this beautiful willow has a bright scarlet to orange stem.
Planted aside red-stemmed cornuses like C. alba ‘Elegantissima’, I can imagine them glowing even brighter.

They’ll be the new additions to our nursery plants in the following years so keep an eye out for them!

 


この時期のガーデン雑誌は冬に魅力的な植物が特集されます。
色鮮やかなミズキから白く映える白樺まで、ウィンターステムは冬のガーデンの主役と呼んでいいものばかりです。
シーズン中は葉や他の植物にまぎれていた脇役が、晩秋〜冬にかけて燃えるように本領発揮します。
次第に色褪せていく周りの植物との鮮やかなコントラストは、まさにこの時期の花壇に欠かせない植物だと思います。

ミズキとかヤナギ、真っ白な枝のルブスとか、耐寒性が高くてゾーン2とか3まで耐えられるのですが、より長く冬の間楽しむためには道内でも温暖な気候や積雪の少ない地域が向いていると思います。
積雪の多い地域でも、紅葉と根雪の間の中途半端な期間の穴埋め役としても役立つのでは。
クリスマスやお正月の飾りにももってこいの材料なので、おすすめです。

kimさんのブログにも水辺周辺に植わっているコルヌスがありましたが、コルヌスもサリクスも水分が大好きです。
だからイギリスではよく池の周りに植わっているんですね。
すっきり晴れた冬空にキラキラ光る水面、地面はうすく雪でカバーされ、その合間から燃えるウィンターステム。想像だけでも溜め息ものです。

みなさんのブログでも取り上げられていますが、今年はウィンターステムのきれいなシュラブがいくつか入荷しています。
たまたま11月のGardens Illustratedの中でほとんど紹介されていたので、ちょっとだけご紹介を。

1.コルヌス アルバ ‘ケッセルリンギー’
一般的な緑の葉っぱの下には黒に近い濃い紫のカラーステムが潜んでいます。
雪の白とのコントラストがモダンでかっこいいです。

2. コルヌス サングイネア ’アニーズ・ウィンター・オレンジ’
蛍光色に近いステムは根元から黄色、燃えるような赤橙へと冬が進むにつれてグラデーションがはっきり見えます。
この品種は紅葉もきれいでおすすめです。

3.コルヌス サングイネア ‘ミッドウィンター・ファイアー’
イコロのオータムボーダーにも植わっている品種ですが、他のミズキに比べて生長が若干ゆっくりな印象があります。
新しい枝の方が発色が良いので、毎年剪定する方が良いと言いますが、もしかしたらもっと間隔を開けても良いのかもしれませんね。
これも黄金色〜サーモンピンクぽい柔かいグラデーションのきれいな品種です。お気に入りのひとつ。

4.サリクス アルバ ’ブリッツェンシス’
ヤナギは生長が早い分、ガーデンの中で使うのを敬遠されることもあるのですが、このサリクスのステムはとてもきれいなスカーレット色なんです。
枝垂れないヤナギで立派なシュラブに成長するのでエレガンティッシマの赤い枝と一緒に植えれば、より鮮やかな見える、良い組み合わせです。

まだ他にも色んな花木が今年入りましたが、今後ナーサリーに登場するので楽しみにお待ちください!

おまけ。
こんな記事も載ってました。

display
ディスプレイポットとしてのミズキの使い方。
丸枠に隙間を空けないように結びつけていってます。
す、すごい。
足下にはアイビーやヒューケラなどを植えていて、物寂しいこの時期には確かにインパクトのあるディスプレイかもしれませんね。
しかしすごい。

2017

10.23


English blogs
コメント0

Autumn Colours

mapleMuch like Scotland in the British Isles, Hokkaido summers are the latest to arrive and General Frost much too eager to take over.

As landscapes gradually fade into buff tones, it is the blazing autumn colours that keep your spirits up and warm.

Many of the indigenous deciduous trees have spectacular autumn leaves and though this unfortunately-timed typhoon is sweeping most of it away, it is fascinating to think that the variation in orange, yellow, and red hues all boils down to chemical reactions.

Lately I’ve been feeling a bit sciency, so excuse the science jargon that follows as I try and recall some secondary school biology.

estonia
So why do leaves change colour in the first place?
The green colour, to start with, is the result of a combination of xanthophylls, carotenoids (the orange seen in oranges and carrots) and chlorophylls.

Numerous green-pigmented chlorophylls are found in the foliage cells, where most of photosynthesis takes place.
It absorbs sunlight as an energy source necessary to transform carbon dioxide into water and carbohydrates (i.e. process of photosynthesis).

As it only obtains its energy source from the reds blues of the light spectrum, any wavelength that isn’t absorbed in the process (mainly greens and yellows) are reflected, hence giving leaves its “green” colour.

This works efficiently during warmer seasons, but as temperature drops and daylight shortens, the process of photosynthesis becomes unproductive.
Chlorophyll breaks down, and as the overpowering green colour fades, we begin to see the yellows and oranges emerge.
Anthocyanin, the red-pigment found in grapes, is also produced during these chemical changes.
These add the reds and purples into the mix of autumn colours.
Trees like ginkgo and Aesculus turbinata and some acers have yellow leaves simply because anthocyanin is hardly developed in their system.

Aesculus turbinata

 

Meanwhile, the plant gradually constructs a thick cell wall where the leaf is attached to the plant, detaching itself from the leaf as it enters dormancy.

It is the plants strategy to eliminate any inefficiencies (i.e. drop leaves during winter), and the change in colour is merely a product of the process which luckily for us, is pleasing to the eye.

This year has been particularly good for autumn colours. The intensity and duration of autumn colour depends on temperature, light, and water.

It was a fine concoction of just the right amount of rainfall to keep the leaves intact, sudden temperature drops favoring in anthocyanin production, and clear sunny days in between to enjoy it all.

すみません、日本語が抜けていました。

スコットランド同様に、北国の夏は列島の中で一番遅くに始まって、冬将軍がいち早く到来します。
風景が次第に色褪せて行く中で、燃えるような紅葉がこの時期元気づけてくれるし、温かみを感じます。
特に日本に自生する落葉樹の紅葉はとてもきれいですが、紅葉のメカニズムがいくつかの化学反応によって説明できると考えるとなかなか興味深いです。
この間の季節はずれの台風で大分吹き飛ばされてしまいましたけどね。

最近少し科学バカになっているので、紅葉の科学について学校の授業を思い出しながらいくので、ご辛抱を。ふわっとした解釈で。

なぜ葉の色は変化するのか。
そもそも葉の緑の色合いは、キサントフィルとか人参とかオレンジの色のもとであるカロテノイド系の色素とクロロフィル(葉緑素)のバランスによって決まってます。
緑の色素をもつ葉緑素のほとんどは、光合成を行う葉の中に存在していて、光合成の過程で太陽光をエネルギー源として吸収して、空気中の二酸化炭素を水と糖に分解する役割を持ちます。
この時に光の赤や青の波長を主に吸収するので、その他の吸収されない黄色や緑が反射されて、我々の目では「緑」と認識しているんです。

夏の間などは光合成も効率よくせっせかとなされているのですが、徐々に日照時間が短くなって気温も下がってくると光合成の効率も悪くなります。
利用されない葉緑素は分解され、緑の色素が薄まってくると、いままで潜んでいた黄色やオレンジ色が目立つようになります。

気温の低下とともにアントシアニン(ブドウなど)の生成もされて、気温差が大きいほどたくさん生成されるとかだったと思います。
黄色や橙に加えて赤や紫が紅葉のバラエティに加わります。
イチョウやトチノキやイタヤカエデなど、毎年黄色く黄葉する植物はただ単にアントシアニンが生成されづらいから赤くならないんです。

一方植物の中では葉と植物体を繋げる部分にコルク質の細胞壁が作り始められ、無駄な養分水分が失われないようにします。いずれこれらの葉っぱは落葉してエネルギー温存のために休眠体制に入ります。
つまり光合成低下という非効率性をなくすことは落葉樹にとっての戦略のひとつであって、紅葉は単にその過程で起きる、偶然楽しめる現象というわけです。

紅葉の長さや度合いは気温の変化や日照、水分のバランスによって決まってきます。
今年は気候にも恵まれて、全道的に絶品だったと聞きます。
落葉しない程度のちょうど良い雨量と、鮮明な赤のアントシアニン生成によい急激な昼夜の気温差と、それを目で楽しめるスキッと晴れた日のちょうどいい塩梅だったということですね。

autumn

2017

10.8


English blogs
コメント2

To head or not to head

That is the question.
It is a question most gardeners face this time of year.
I hear the Red Queen from Alice in Wonderland shrieking “OFF WITH THEIR HEADS!” inside my head.

Patrinia scabiosifolia オミナエシ
Patrinia scabiosifolia オミナエシ

Of course there are the inevitable ones like annuals and roses, and those you’d want to prevent from overspreading, but not all plants need to be “offed with their heads”.

Seedheads can provide food for birds (e.g. rudbeckias, teasels)  and refuge for insects (phlomis, bug hotels), but they are something of a beauty – a late-seasonal interest – if anything.
What’s considered as an “attractive” seedhead, though, relies heavily on subjectivity, so what you might find beguiling might look like a ball of nothingness to the next person.

Echinacea purpurea, Echinops ritro、Eupatorium maculatum 'Atropurpureum' post-flower エキナケア、エキノプス、エウパトリウム
Echinacea purpurea, Echinops ritro、Eupatorium maculatum ‘Atropurpureum’ post-flower
エキナケア、エキノプス、エウパトリウム

In places like Hokkaido, where the winters are quick to arrive and cover the grounds with white blankets of snow, the combination of lingering ornamental grasses and seedheads can extend garden interest, filling that gap between the “kouyo” (autumn colour) season and snow.

Monarda seedheads with Plectranthus effusus in the back モナルダシードヘッド
Monarda and Stachys seedheads with Plectranthus effusus in the back
モナルダシードヘッド

At ikor-no-mori, we try and keep as many seedheads (AND ornamental grasses) as we can in the garden.

Astrantia and Astilbe, Hosta with glowing gold leaves in autumn アストランティア、アスティルベ、紅葉するホスタ
Astrantia, Astilbe, and Hosta with glowing gold leaves
アストランティア、アスティルベ、紅葉するホスタ

Anything that turns into brown soggy mush is removed, but there are quite a few plants that have appealing structures.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Hylotelephium seedheads ヒロテレフィウム(セダム)シードヘッド
Rodgersia pinnata ロドゲルシア
Rodgersia pinnata ロドゲルシア

Even if we know that the perennials would have to be cut back eventually, the monochromatic silhouettes illuminated by the soft autumnal sun, especially on days we have hoar frosts and dew-laden mornings, are quite rewarding.

Personally I think it’s never too late to judge after seeing how the plants perform post-flowering.
If you find them too dull and colourless to your liking, simply cut them back.
You never know, they might just surprise you.

Gillenia trifoliata ギレニア シードヘッドは細かいが葉のグラデーションが美しい
Gillenia trifoliata ギレニア
シードヘッドは細かいが葉のグラデーションが美しい

 

 

 

試しに英語でもブログを書いてみようと。
英語イコカルの延長線というか、なんというか。
いつもではないですが、少し続けてみようと思ってます。
気長に見守ってください。m_ _ m

切るべきか残すべきか。
それが問題だ。
この時期になると頭を悩ます課題です。

頭の中では赤の女王に扮するヘレナ・ボナム カーターが「OFF WITH THEIR HEADS! (首をはねよ!)」と叫ぶのが聞こえてきます。

もちろんバラとか、こぼれ種で増えて欲しくないものは花がらを摘みますが、必ずしもすべての植物(宿根草)の花を切ることはないです。
花後に結実して立ち枯れた姿をシードヘッドと呼びますが、このシードヘッドは鳥にとっての栄養供給源としての役割もあれば、昆虫の避難場所としても役立ちます。
でも何よりも、シーでヘッドの姿は魅力的でもあり、シーズン後半のガーデンの主役とも言えます。

ただ、シードヘッドを「魅力的」と感じるかどうかは完全に主観なので、ため息ものと思うかどうかは本当に人それぞれです。

紅葉シーズンまっただ中にも関わらず早くも冬の気配がし始めている北海道では、少しでもガーデンを楽しむ期間を延ばすためにも、枯れ姿をきれいに保つグラスとシードヘッドの活用が有効なわけです。

Hosta seed pods splitting and showing ripened black seeds ホスタ
Hosta seed pods splitting and showing ripened black seeds

 

イコロの森ではできるだけシードヘッド(グラスも)を残すようにしています。
ネチャネチャに溶けてしまうものは仕方ないとして、凛と立ち姿のきれいなものは案外あります。
閉園後、冬が来る前にすべて刈り取ってしまうのを分かっていても、朝露や霜が降りた時の輝く姿を見た時には、ほわーと溜め息が出てしまいます。
だからなかなかやめられません。

一度は枯れ姿、シードヘッドまで見てから「切るべきか、残すべきか」を判断するのでも遅くないと思います。
あー、やっぱり汚いな、好みでないな、と思ったら切ればいいんです。
でも花の時には想像し得なかった意外な姿を見ることもできるので、おすすめです。

Iris seed pod filled with seeds イリス
Iris seed pod filled with seeds イリス